伊豆高原で1泊して来ました。(1)

 1週間遅れのログ。
 忙しかったからね。やっと追いついたよ。

 さて、先週の土曜日(3/3)、ボクを含めたおっさん3人(60代2人+40代のボク)で伊豆高原に1泊旅行に行って来ました。

 当日、12時西荻窪南口に集合。

 お世話になっている方の車で向かったのは、「花の香 伊豆高原」というホテル。
 今や利用率のすっかり低下した、伊豆・箱根に点在する企業の保養所を借り上げて、格安料金で宿泊施設に仕立て上げた物件の一つだ。三菱地所の社内ベンチャーだという。その名は「四季倶楽部」。
 元保養所とはいえ、場所が場所だけにお風呂はみな温泉なのだ。
 しかし、おっさん3人とは怪し過ぎるし、むさ苦しいね。

 やっぱり「毒消し」が必要だわな。

 d0002395_180098.jpg
 というわけで、今回の旅のお供は、車のオーナーの方の愛犬「さくら」と「こもも」だ。

 血統書付きの柴犬だよ。

さくらは母。こももは娘(6ヶ月)。


 母のさくらとは、縁あって彼女がまだヴァージンだった頃、おととしの11月、島根県雲南市三刀屋の山荘のバンガローで、同じふとんで同衾したことがあるのさ。ウフ。

 犬とはいえ、女性は女性だ。美人だしね。
 やっぱり一緒の床に寝られるのは嬉しいものさ。2年振りに会ったら、立派な母になっていました。
 こもももかわいいぞ!!
 (写真手前がさくら、奥がこももだ)

d0002395_1822993.jpg やがて相模湾が見えて来た。

 海を見ると「あっ!! 海だ!!!」って心の中で叫んで心しまうのはなぜなんだろう。

 母のさくらは、車での長旅には慣れているのは知っていたけど、こももは今回が初めてのロング・ロードなんだとか。

 曲がりくねった伊豆の山道走行はキツイんだな。車酔いして吐いちゃったよ。それを見て、ボクまで気持ちが悪くなってきた。

d0002395_183763.jpg そろそろ、お昼にしようと車を止めて入った食堂は「めし処 山姥」。
 住所は、小田原市江之浦となっていた。

 遅い昼食 (3時半頃) だ。ボクは、アサリラーメンを注文した。


d0002395_1832558.jpg それから更に車を走らせ、宿に着いたのは5時半近くになっていた。
 チェックインして、早速さくらとこものの散歩だ。
 宿の近くをおっさん3人で散歩したよ。

 土地の住人の家もあるし、別荘もある土地柄。景気がどうなろうが、時代がどう変わろうが、いつの世にも持ってるやつは持ってるんだな。

 地元住民の家の鎖に繋がれた大きな黒犬の親子が、さくらとこももを見つけて激しく吼えたてるが、2匹は平常心で散歩を続ける。

 う~ん、犬格が違うな!!
 やっぱり、吼える犬はレベルが低いよ。


d0002395_18104225.jpgd0002395_18105869.jpg 散歩を終えて、さくらとこももには、晩ご飯のミルクだ。

 「きょうは車の中で寝るんだよ。ちゃんと寝られるかな。おやすみなさい。」2匹のお父さんが声を掛ける。

 このあと、人間どもは夕食を食べて、お酒を飲んで、温泉に入り、さらに部屋で冷酒を飲んで就寝した。(2匹のお父さんは、気になって車の中の様子を夜中に3回見に行ったけど、2匹は夜通し起きたままで夜を明かしたとのことだった。)

d0002395_1811444.jpgemoticon-0171-star.gifPS.宿は大きくてきれいで、晩ご飯も品が豊富でおいしかったよ!!
 追加で注文したお銚子(熱燗)も安かった。

 朝食付きで、追加のお銚子とか部屋で飲んだ冷酒を入れて、ひとり1泊8,500円くらいだったよ。お徳です!!
[PR]
# by mimiokun3 | 2012-10-01 22:01

引越しを決意しました。

 このサイトを利用して33ヶ月(2005年3月13日~)、どうやら画像容量オーバーのようだ。
 そんなことってあるのか。
 許されないことだぜ。

 画像のアーカイヴ出来ないサイトなんてまっぴらだ。
 ストレスがたまるばかりだ。
 何の未練もないぜ。

 さっさと引越しだ。

 というわけで、ここへ引越しました。
 ↓
 混沌堂◆misaochan moon
 
 死苦夜露。
[PR]
# by mimiokun3 | 2007-12-02 19:19 | 自分遺産

どら焼きを買って、釣堀に行って、手塚治虫の本を買いました。

【2007年11月25日(日)】

 うららかな日曜日である。
 チャリンコで向かうは、阿佐ヶ谷の「うさぎや」。
 仕事でお使い物にするために何がいいかな、と思案したら、ここのどら焼きが閃いたのだった。

 それにしても、都内にどら焼きを売る「うさぎや」は、阿佐ヶ谷のほかに、上野黒門町、日本橋と、3軒あるというのである。
 それがどうした、といわれればそれまでだが、薀蓄とは本来そういうものではないだろうか。

 さて、杉並在住15年。「うさぎや」に来たのは、この日がはじめて。
 15個入りの函をひとつ買う。
 函詰めが終わるまで店内で待っていたのだが、イートインできる店なのだった。
 あんみつ、みつ豆が食べられるのだ。
 今度、誰かと来よう。
 でも、そんな人いない。
 さびしいことだね。

 さて、どら焼きを買い終えて、一旦家に戻り、今度は「すぎまるマガジン」の⑲(号「知る区ロード2007」のレポート・マガジン。2008年3月発行予定)に掲載するコラム記事を書くために、「釣堀 武蔵野園」に移動。
 行く前に、息子に話したら、「釣れねーよ」ってひとこと。
 いや、釣れちゃ困るのよ、逆に。
 オレ、原稿書きに行くために行くだけだもん。
 なまじ釣れたら、どうやって魚を針から外せばいいのさ。
 気持ち悪いし、だいいち魚臭さが手のひらから消えないに決まってんじゃん!!
 この年になるまで、釣りなんて1回しかやったことないのよ、確か。
 それほど、釣りには興味ないし、むしろ、御免こうむりたいものなんだわさ。

 「武蔵野園」のある善福寺緑地を訪れると、すっかり秋のたたずまいだったのだ。
 ちゃんと入園料を払って、貸し竿と餌を受け取ったが、釣る気ゼロ。
 取材は40分ほどで終了。しかし、いい原稿は書けたと思う。

 「手塚治虫原画の秘密」を買ったのは、この日最後の移動先の上野御徒町の書店だった。
 とんぼの本/新潮社/2007年5月第2刷
 1,470円(税込)
[PR]
# by mimiokun3 | 2007-11-26 23:54 | その他

on 〝Tokyo Toy Box〟Ⅱ

d0002395_17235268.jpg 〝東京トイボックス〟、コミックス第2巻(完結)のカバーの表3に巻き込まれた部分のイラスト。
 小学生の頃の天川 太陽と仙水 伊鶴のふたりの後ろ姿。
 ゲーセンで攻略中なのだろう。
 たまらなく愛おしいふたりの姿だ。
 狂おしいほどなのだ。
  
 本編にこのようなエピソードはない。
 むしろ、本編を全て読み切ってからこのカットを目にすると、涙があふれそうになり、胸が詰まる思いなのだ。
 仙水の膝の上にノートが見える。攻略情報が書き込まれているに違いない。
 天川は、その仙水の秘策を受けて、打ち続けるのだろう。

 小学生は、永遠の時間を生きる。
 特に男子は。

 そして、この時間は二度と還って来ないところに、実人生のむごさがあるのだ。
 このイラストは、そのことを哀しいほど語っているのであるよ。
[PR]
# by mimiokun3 | 2007-11-25 17:23 | まんが道

on 〝Tokyo Toy Box〟Ⅰ

 至上のラブ・ストーリー〝東京トイボックス〟。
 連載は、「週刊 コミックモーニング」。
 涙の最終回は、2006年5月26日 No.24だ。
 単行本化されたコミックスを買って通読したのが、この夏

 最終回のネームが、連載時と単行本とでは差し替えられていたのに気がついた。

d0002395_17102343.jpgd0002395_1710368.jpg


















 左が連載時のネーム、右がコミックスのネームだ。

 もう一例。

d0002395_1712593.jpgd0002395_17131345.jpg


















 左が連載時のネーム、右がコミックスのネームである。

 作者がこの作品に感じる愛着と同じくらいの愛着を感じている読者からすれば、主人公である天川と月山ちゃんとの間にめばえた恋愛感情の微妙な綾をうまく表現できているネームは、ボクは連載時のネームの方だと思うんだけどな~。
 
[PR]
# by mimiokun3 | 2007-11-25 17:14 | まんが道

蜘蛛の系譜Ⅱ。

 「蜘蛛男」は口から糸を吐き、「蜘蛛女」は女性器から糸を吐く。
 男は形式主義的だが、女は生理的だ。
 男と女は、どうしようもなくちがう生き物なんだな。
d0002395_13354091.jpg
d0002395_13355755.jpg
d0002395_13361399.jpg


 しかし、どうしてボクは、こうもボブカット・ヘアの女にヨワいんだろう。
[PR]
# by mimiokun3 | 2007-11-24 13:36 | まんが道

蜘蛛の系譜Ⅰ。

 「蜘蛛の系譜」は「仮面ライダー」から「デビルマン」へと引き継がれ、「ラストマン」へとたどりつく。
 そのアーカイヴ。

d0002395_13254467.jpg
 
d0002395_13263329.jpg
d0002395_13265984.jpg
d0002395_1327153.jpg
d0002395_13335123.jpg
d0002395_13272785.jpg
d0002395_13304459.jpg

[PR]
# by mimiokun3 | 2007-11-24 13:28 | まんが道

「度胸星」講談社版Ⅰを買う。

d0002395_13153885.jpg度胸星 Ⅰ 
2007年11月22日第1刷/講談社
/モーニングKCDX

 講談社版が再発された発売日(2007年11月22日(木))、上野の〝まんがの森〟で購入。

 前日に店に行って取り置きしてもらっていたのを、発売日の夜に買いに行ったのだった。

 小学館版がB6だったのに比べ、こちらはA5。
 やっぱり、大きいサイズはいいね。

 Ⅱは、12月21日(金)発売予定。
[PR]
# by mimiokun3 | 2007-11-24 13:15 | まんが道

山田芳裕day。

d0002395_21555977.jpg 「まんだらけ」にチャリる。
 山田芳裕の「いよっ おみっちゃん」を買いにね。
 「週刊 コミックモーニング」2001年19号、20号、28号、33号、42号、43号に掲載。

 先週、行ったらこの本があったので、誰かに買われる前に買っとかなきゃって思ったんだ。
 2001年11月第1刷/講談社 524円(税別)→1,050円だった。

d0002395_2253121.jpgd0002395_2254927.jpgd0002395_2261680.jpgd0002395_226336.jpg







 同じ棚に、「度胸星」も!!
 小学館版①~④だ。
 迷う前に、速攻、買いだ。420円each。

 この作家の特徴は、キャラクターに立体感があり、生き生きしていることだ。
 それに、一峰大二並みに、さまざまなジャンル(スポーツ・時代劇・SF・現代劇)の作品を描く能力がある。
 文句なしにおもしろい!!
 そして、泣ける。

 そして、同じ〝中野ブロードウェー〟の3Fにある「TRIO」(J-POP、アイドルに関する古本専門店)に寄る。
 ここには、店頭に「月刊 宝島」を置いてあるのだ。
 売っても捨ててもいないはずなのに、32年前にリアルタイムで買ったこの2冊が、いつの間にか本棚にないことに先日気がついて、きょう、買い直すことにしたのだ。

d0002395_22361354.jpg宝島 1975年2月号
JICC出版局/1975年2月発行
○〈特集〉コカ・コーラ「コカ・コーラ、ジェネレーション」
YOU BRING BACK MEMORIES:川村要助/コカ・コーラの透明な冒険:小野耕世/コカ・コーラ アメリカ:小林泰彦/わが憎しみのコカ・コーラ:平井和正/自然にかえろう コカ・コーラ:片桐ユズル
○宝島やりがいのある仕事シリーズ=いますぐルポ・ライターになるための基礎マニュアル

d0002395_2241397.jpg宝島 1975年5月号
JICC出版局/1975年5月発行
○〈特集〉道具としての英語
「ストークリー・カーマイケルの話し方教室」についての覚書/ポップ・ミュージックによるアメリカ英語/コミック・ブックによるアクション英語読本:小野耕世/英語によるロックの世界への招待:田川律/銀幕こそ私の英語教室:淀川長治
○ぼくがみんなと心から親しくなったヤマハ・ジャズ・クラブの10年:内田修
○山下洋輔の周辺:筒井康隆

 本は、いつの間にか消えてしまうものなのである!!

d0002395_22583323.jpgタイガー66
川崎のぼる/小学館ゴールデンコミックス

 この本も、知らないうちに、ボクの本棚から消えてしまった本の1冊なのだ。
 1970年の夏に母親に買ってもらった本だ。
 「まんだらけ」では、3,500円超で売られていたよ。
[PR]
# by mimiokun3 | 2007-11-23 21:56 | まんが道

PANCAKE DAYs's day is・・・

d0002395_20581144.jpgd0002395_20584216.jpg 「すぎまるマガジン」の⑲(号「知る区ロード2007」のレポート・マガジン。2008年3月発行予定)に掲載するコラム記事を書くために、編集者のS竹さんとJR高円寺で11:00に待ち合わせ。

d0002395_20595090.jpg 南口にある噴水広場でチャリを止めて待っていると、いいものでももらえると思って鳩どもが集まってくる。

 ちょっと遅れます、という連絡が入ったので、氷川神社まで行ってみる。
 全国で1千社あるといわれている氷川神社のひとつ。
 祭神は素盞嗚尊(須佐之男命・スサノオノミコト)。
 境内の案内板には「国土開発信仰」といったような文字が書いてある。
 やっぱり、スサノオの勢力は、関東まで広がっていたのだな・・・。
 神社の裏手は、ひろい更地になっていた。何が建つのかな。
 この神社の中には、珍しい「気象神社」もあるのは、ついこの間知ったんだ。

d0002395_2173578.jpgd0002395_2171799.jpg やがて、S竹さんと合流。
 取材候補のお店である「PANCAKE DAYs(パンケーキデイズ)」へ。
 開店(11:30)と同時に入店。お店は、すぐにお客でいっぱいになった。
 前からずっとここには来たかったのさ。
 でも、ちょっとガーリーなお店なので、おじさんのボクは一人で来れなかったんだ。

d0002395_2175310.jpgd0002395_2181627.jpg ボクがたのんだのは、〝厚切りベーコンBLTサンド〟。
 スープ付きで900円だ。
 ボリュームたっぷり。パンケーキは甘くない生地。ソースがおいしい。レタスたくさん。名前のとおり、ベーコンは厚切りだった。
 何よりボクを喜ばせたのは、パンケーキの上に立った旗なのさ(子どもか)。
 スープの中には、小さく切ったサツマイモが入っていて、皮の赤さが、スープの白い色とマッチして、実におしゃれなカラーリングだったのだ。
 やるな~。

 S竹さんがたのんだのは、〝ビターキャラメルパンケーキ〟。
 3枚重ねのパンケーキの上に、キャラメルソースと混ぜたホイップクリームがかかっている。
 これもなかなかのボリュームだ。
 願いがかなって、ボクは大いに満足さ。

d0002395_21154100.jpg そのあと、何箇所か取材候補のお店を回って、彼女とはお別れしたんだ。
 左の写真のお店は、そのひとつ「G clef」。
 高円寺北口、庚申通りにある紅茶・ジャムのお店。凍頂烏龍茶も売っている。
 店内には喫茶ルームもあり。
 手造りスコーンが美味しそうだったよ。
[PR]
# by mimiokun3 | 2007-11-23 20:33 | その他