石飛さんの本が出たよ。もう始まっているね。

 石飛 仁さんの本がやっと出ました。

 『蘇れ古代出雲よ』新泉社刊/1,890円(税込)

d0002395_1515330.jpgd0002395_15162992.jpg

















 出雲古代史をひもときつつ、むしろ石飛さんの出身地、島根県雲南市三刀屋(みとや)町、そこにあったとされる古代出雲王朝跡と自身の一族の歴史が出雲民族史とともに綾なした、出自発見の旅の書ともなっている好著です。
 ボクもまた、出雲民族の末裔であることの出自をこの書で発見することが出来ました。
 ボクらはどこから来たのか? そして、どこへ行くのか?
 出雲発、韓半島経由東アジア行きの旅は、もう始まっていますね。
石飛さんとボクの父親はイトコ同志。親戚の人です。

 9月11日(日)、飯田橋・東京ボランティアセンター10F 会議室Bで、この本の刊行記念シンポジウムが開かれました。(13:30PM~16:30PM)
 主催:東京東アジア文化交流会(代表/石飛 仁)
d0002395_12522568.jpg

 この本を書くにあたっての石飛さんの情動というか思いが語られ、
d0002395_12524124.jpg

 ディスカッションでは、参加者から貴重な意見が寄せられ、
d0002395_1252548.jpg

 スライドによる石飛さんからの出雲案内があり、
d0002395_12534410.jpg

 石飛さんのこの本をテキスト(基本書)として、来る11月19日(土)・20日(日)・21日(月)の2泊3日で、東京から三刀屋(南出雲)へのツアーが企画され、その概略の紹介がされました。

 閉会後、有志でいつものようにいつもの居酒屋で仕上げの会。
d0002395_12541882.jpg

 みんな気持ちはもう、三刀屋(南出雲)に飛んでいます。
d0002395_12543253.jpg

 11月20日(日)には、三刀屋でこのツアーと連動した地元イベント(シンポジウム+第2回御門(みかど)火まつり)が開かれ、東京と三刀屋をつなぐ交流の場として、芸能と文化の里づくりをめざした町おこしがムーヴする予定です。
 もう、東京から始まっているよ!
[PR]
by mimiokun3 | 2005-09-17 12:37 | その他


<< I realy got you... 猫にもおっぱいがあることキミは... >>