高円寺アーカイヴス(「和田守商店」「高円寺文庫センター」「雨の実」)

 「すぎまるマガジン」の⑲(号「知る区ロード2007」のレポート・マガジン。2008年3月発行予定)に掲載するコラム記事を書くために、チャリで午後2時外出。
 コースは、蚕糸の森公園をスタートして、北に向かうコース。
 こんなコースだ。

 ■蚕糸の森公園~青梅街道の北側経由~JR高円寺駅~高円寺中通商店街~馬橋公園まで。

 取材中、気になる定点ポイント3箇所あり。
 以下、アーカイヴします。

◆(1)「和田守商店」
 今年(2007年)5月、高円寺北口の「高円寺中通商店街(セントラルロード)」にある、昭和遺産が潰(つい)えたのだった。
 昭和初期によく使われた壁材である〝スクラッチタイル〟が見事な「和田守商店」がそれである。
 昨年の12月からの折々の「和田守商店」がこれだ。
 ↓
 ■2006年12月3日撮影d0002395_17393235.jpgd0002395_17394710.jpg








      ▼
 ■2007年5月4日撮影d0002395_17423848.jpgd0002395_17424848.jpg








      ▼
 ■2007年11月18日(本日)撮影
d0002395_1744283.jpgd0002395_17444358.jpgd0002395_17454188.jpg







 テナント募集中だ。

d0002395_17465811.jpg そして、「高円寺中通商店街(セントラルロード)」には、〝オリンピックを東京に、2016年!〟の赤いフラッグが、冬めいた通りにはためいていたのである。







◆(2)「高円寺文庫センター」
 気がつくと「高円寺文庫センター」は、溶岩釜焼きパンの店「Smile Bakery」に変わっていたのだった。
 ■2007年5月4日撮影d0002395_181489.jpgd0002395_182029.jpg 





 


      ▼
 ■2007年11月18日(本日)撮影
d0002395_1832560.jpgd0002395_183331.jpg←溶岩釜は、おそらくこの奥だと思われる。








d0002395_1895159.jpgd0002395_1810316.jpgd0002395_18103429.jpg






 地元で長く愛されるお店であれかし、とつくづく願う。でも、なんでまたパン屋さんなんだろう。
割に合う仕事ではないことは、ボクはよ~く知ってるんだけど・・・。

◆(3)「雨の実」
 あずま通りにあった花屋「雨の実」は、開店から1年後の今年10月28日をもって閉店してしまった。
 これからいろいろと応援策を考えてあげねばな、って思っていた矢先の閉店である。  
 返す返すも残念なことであるよ。
 ■2007年3月25日撮影
d0002395_18211141.jpg







      ▼
 ■2007年11月18日(本日)撮影
d0002395_1822047.jpgd0002395_18221110.jpg
[PR]
by mimiokun3 | 2007-11-18 17:27 | 東京遺産


<< 50という数字。----- 5... マイ・フェイバリット・シング(... >>