伊豆高原で1泊して来ました。(1)

 1週間遅れのログ。
 忙しかったからね。やっと追いついたよ。

 さて、先週の土曜日(3/3)、ボクを含めたおっさん3人(60代2人+40代のボク)で伊豆高原に1泊旅行に行って来ました。

 当日、12時西荻窪南口に集合。

 お世話になっている方の車で向かったのは、「花の香 伊豆高原」というホテル。
 今や利用率のすっかり低下した、伊豆・箱根に点在する企業の保養所を借り上げて、格安料金で宿泊施設に仕立て上げた物件の一つだ。三菱地所の社内ベンチャーだという。その名は「四季倶楽部」。
 元保養所とはいえ、場所が場所だけにお風呂はみな温泉なのだ。
 しかし、おっさん3人とは怪し過ぎるし、むさ苦しいね。

 やっぱり「毒消し」が必要だわな。

 d0002395_180098.jpg
 というわけで、今回の旅のお供は、車のオーナーの方の愛犬「さくら」と「こもも」だ。

 血統書付きの柴犬だよ。

さくらは母。こももは娘(6ヶ月)。


 母のさくらとは、縁あって彼女がまだヴァージンだった頃、おととしの11月、島根県雲南市三刀屋の山荘のバンガローで、同じふとんで同衾したことがあるのさ。ウフ。

 犬とはいえ、女性は女性だ。美人だしね。
 やっぱり一緒の床に寝られるのは嬉しいものさ。2年振りに会ったら、立派な母になっていました。
 こもももかわいいぞ!!
 (写真手前がさくら、奥がこももだ)

d0002395_1822993.jpg やがて相模湾が見えて来た。

 海を見ると「あっ!! 海だ!!!」って心の中で叫んで心しまうのはなぜなんだろう。

 母のさくらは、車での長旅には慣れているのは知っていたけど、こももは今回が初めてのロング・ロードなんだとか。

 曲がりくねった伊豆の山道走行はキツイんだな。車酔いして吐いちゃったよ。それを見て、ボクまで気持ちが悪くなってきた。

d0002395_183763.jpg そろそろ、お昼にしようと車を止めて入った食堂は「めし処 山姥」。
 住所は、小田原市江之浦となっていた。

 遅い昼食 (3時半頃) だ。ボクは、アサリラーメンを注文した。


d0002395_1832558.jpg それから更に車を走らせ、宿に着いたのは5時半近くになっていた。
 チェックインして、早速さくらとこものの散歩だ。
 宿の近くをおっさん3人で散歩したよ。

 土地の住人の家もあるし、別荘もある土地柄。景気がどうなろうが、時代がどう変わろうが、いつの世にも持ってるやつは持ってるんだな。

 地元住民の家の鎖に繋がれた大きな黒犬の親子が、さくらとこももを見つけて激しく吼えたてるが、2匹は平常心で散歩を続ける。

 う~ん、犬格が違うな!!
 やっぱり、吼える犬はレベルが低いよ。


d0002395_18104225.jpgd0002395_18105869.jpg 散歩を終えて、さくらとこももには、晩ご飯のミルクだ。

 「きょうは車の中で寝るんだよ。ちゃんと寝られるかな。おやすみなさい。」2匹のお父さんが声を掛ける。

 このあと、人間どもは夕食を食べて、お酒を飲んで、温泉に入り、さらに部屋で冷酒を飲んで就寝した。(2匹のお父さんは、気になって車の中の様子を夜中に3回見に行ったけど、2匹は夜通し起きたままで夜を明かしたとのことだった。)

d0002395_1811444.jpg072.gifPS.宿は大きくてきれいで、晩ご飯も品が豊富でおいしかったよ!!
 追加で注文したお銚子(熱燗)も安かった。

 朝食付きで、追加のお銚子とか部屋で飲んだ冷酒を入れて、ひとり1泊8,500円くらいだったよ。お徳です!!
[PR]
by mimiokun3 | 2012-10-01 22:01


引越しを決意しました。 >>