on 〝Tokyo Toy Box〟Ⅱ

d0002395_17235268.jpg 〝東京トイボックス〟、コミックス第2巻(完結)のカバーの表3に巻き込まれた部分のイラスト。
 小学生の頃の天川 太陽と仙水 伊鶴のふたりの後ろ姿。
 ゲーセンで攻略中なのだろう。
 たまらなく愛おしいふたりの姿だ。
 狂おしいほどなのだ。
  
 本編にこのようなエピソードはない。
 むしろ、本編を全て読み切ってからこのカットを目にすると、涙があふれそうになり、胸が詰まる思いなのだ。
 仙水の膝の上にノートが見える。攻略情報が書き込まれているに違いない。
 天川は、その仙水の秘策を受けて、打ち続けるのだろう。

 小学生は、永遠の時間を生きる。
 特に男子は。

 そして、この時間は二度と還って来ないところに、実人生のむごさがあるのだ。
 このイラストは、そのことを哀しいほど語っているのであるよ。
by mimiokun3 | 2007-11-25 17:23 | まんが道


<< どら焼きを買って、釣堀に行って... on 〝Tokyo Toy B... >>