<   2006年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ミニ一番館 38th Anniveraryに行ってきました。

 d0002395_1959890.jpg
 新宿歌舞伎町にあるミニ一番館 38周年記念イベント「ハワイアンナイト」に行ってきました。
 ←このビル(一番館ビル)の5階。
 3夜連続のイベント最終日は、ハワイアンで締めだ。






d0002395_2015148.jpgd0002395_202928.jpg
 以前、このお店にいて、いまは病気のために自宅療養されているというY岡さん(70代)もハワイアン出身で、この人の生ギターでのハワイアンにはブルース・フレイバーがあり、ルーツミュージックの味わい深さに感心したものだったが、きょうのバンドにはそれが感じられなかったな。
 残念です。

d0002395_2072145.jpgd0002395_2073333.jpg
 スチールギターのこのおじいさんは80歳近いのではないか。
 しかし、厳しいことをいわせてもらえれば、カントリー・フレーバーもないのは、スチールギター・プレイヤーとしてはいかがなものか。クセのあるチーズのほうがうまいのだがのう・・・。
 スチールギターが8弦なのは、はじめて知りました。
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 19:59 | その他

十条への旅(4) 十条のおばけ屋敷②

 十条への旅を終えてもと来た道を引き返したつもりが、反対方向へ自転車をこいでいたことに気がついて、再び道を引き返したその時、そのおばけ屋敷が目の前に現われたのだった。
 北区上十条1-9-5がその住所である。東京都水道局北区出張所の向かい側なのだ。
d0002395_1933951.jpgd0002395_19333066.jpg







               その外観がこれである。↓
d0002395_19345423.jpg

 よく残っていたな~。それにしても何のために作られた家なのだろう。店かな、劇団事務所かな。怪しさは20年来のビンテージ物件だ。
 その〝モースト・トワイイライト〟な魅力は、この小さな画像では到底伝えきれないが、ディティールを積み重ねることによって、少しでも伝えられたらと思うのです。
d0002395_19443810.jpgd0002395_19445061.jpg







d0002395_1946473.jpgd0002395_19465973.jpgd0002395_19471453.jpg









d0002395_19475672.jpgd0002395_19481363.jpgd0002395_19483259.jpg









d0002395_19493734.jpgd0002395_1949462.jpgd0002395_19495736.jpg









 この日、十条への旅は、こうして約20年ぶりの意外な出会いを経て終了したのだった。
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 19:33 | 東京遺産

十条への旅(4) 十条のおばけ屋敷①

d0002395_1859341.jpg
 ■タモリ倶楽部「東京トワイライトゾーン」 久住昌之、滝本淳助/1989年初版 日之出出版発行。
 この本はボクも買ったな。あとで古本屋さんに売っちゃったけど。

 今から約20年前、流浪の番組「タモリ倶楽部」の名物コーナーに「東京トワイライトゾーン」があった。
 これは、タモリ、久住昌之(漫画家、ミュージシャン)、滝本淳助(写真家)の3名が都内を散歩しながら、気になる物件を紹介する『東京路上探検記』のテレビ版のような番組だった。
 当時、この番組では都内にある<優良物件>の視聴者投稿を敢行していた。
 番組放映当時、ボクは板橋区常盤台に住んでいて、ある日(初夏だったか)、そのころ住んでいた公団住宅から自転車で王子まで旅したことがある。 
 その途中、JR十条駅近くのどこかで、この番組に投稿したくなるような<超優良物件>を発見したのだった。
 ボクの中では「おばけ屋敷」と命名されたその家は、いつかタモリ倶楽部に投稿してやろう、と思っているうちに番組は終了し、かつ、ボクも板橋区から環七を南下して杉並区に引っ越してから(1992年)、いつの間にか記憶の底に沈んでしまっていた。

 しか~し、今回の十条の旅で、その<超優良物件>に約20年ぶりに再会したのだった。
                                                  (つづく)
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 18:59 | 東京遺産

十条への旅(3) 東十条駅の巻

d0002395_18302941.jpgd0002395_18303934.jpg
 「演芸場通り」をさらに進むと下り坂になり、その先はJR東十条駅に行き着く。
 その時、駅の時計は2時半過ぎを指していた。


d0002395_18334916.jpgd0002395_1834029.jpg
 十条駅を背にして、右側が王子駅。(遠くに見える高いビルは区の公共施設〝北とぴあ〟だ。)
 左側は大宮方面。


d0002395_18374398.jpgd0002395_18375466.jpg
 駅の近くの交番の隣にある洋菓子店「CHER BON(シェルボン)」。
 この店は、都内で初めてチーズケーキを売った店なんだそうだ。
  こんなケーキを売っているそうです。


d0002395_18484599.jpg
 坂を上がって、もと来た「演芸場通り」ほ方へ戻ることにした。
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 18:30 | 東京遺産

十条への旅(2) 富士見商店街~演芸場通り商店街の巻

d0002395_1891861.jpgd0002395_1893771.jpg
 ほほう、十条銀座商店街のアーケードをどこまでも進んでいくと、その先には富士見商店街が続いていたのだ。


d0002395_18122056.jpg
 アーケードがないだけで、急に場末た感じになるのは面白いね。





d0002395_18134936.jpg
 さらに進んで行ったら、環七に突き当たったのだ。なるほど、そういうロケーションなのか。





d0002395_18151358.jpg
 さらにタンケンしていると、今度は十条中央商店街を発見。
 う~む、ここは商店街が集中しているな。







d0002395_18165519.jpgd0002395_18192021.jpg
 お、さらに進むと篠原演芸場が見えてきた。ここは、別名「演芸場通り」っていうのか。
 入場料は1,500円。





d0002395_18195277.jpgd0002395_18201629.jpg
 「演芸場通り」は、住宅街の中にあり、とても静かな通りだったよ。
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 18:09 | 東京遺産

十条への旅(1) 十条銀座商店街の巻

 先週の土曜日の「アド街ック天国」十条~東十条を見ていたら、モーレツに行きたくなってきた
!!
 そこで、満を持して自転車で出発。
 高円寺から環七をひたすら北上。
 杉並区~中野区~練馬区~板橋区~北区縦断の旅なのだ。
 自宅を出たのが12時半ごろだった。
d0002395_17251571.jpgd0002395_17253553.jpg
 環七の姥ヶ橋陸橋を右折するとJR十条駅はもう近い。画面ではわからないだろうが、この辺りは東大門(ソウル市)に感じが似ているな・・・。


d0002395_17283374.jpgd0002395_17284430.jpg
 JR十条駅前に到着だ。ロータリーになっている。





d0002395_17304541.jpgd0002395_1730575.jpg
 お、十条銀座商店街。アーケードになっている。入ってみる。




d0002395_1734258.jpg
阿佐ヶ谷のパール商店街にいるみたいな感じだな。






d0002395_17352262.jpgd0002395_17353629.jpg
 アーケードを入ってすぐ左手にある「大衆食堂 天将」。ショーケースの「ナポリタン 370円」に惹かれて店内へ。
 しかし、満席で、すぐに撤退。残念だ。しかたなくオリジン弁当でしゃけと赤飯のおにぎりを買う。密かにリベンジを誓う。
 阿佐ヶ谷と違って、ここは物価がずい分と安いな~。

d0002395_17395635.jpg
 だんご好きの奥さんへのお土産に、甘味処「だるまや」でだんごを買う。425円。
 店の入り口のガラスに張り紙。〝BRUTUS(有名な本にのりました) 天然氷の宇治金時〟。
 ほほえましいね。


 その先にある古本屋で、捜し求めていた「マーズ・前編(ATCW版/2005年11月25日初版)」を買う。200円。後編(2005年12月25日初)は、今年の夏に中野の古本屋ですでに手に入れていたのだ。
 う~ん、それにしても、この作品に出てくる巨大ロボットの中で、数体のロボ・デザインは、アフロ縄文的とでもいうような造形美でシビれてしまうな~。
 いったい横山光輝はこの造形のソースをどこから持ってきたのか。手塚治虫にも石ノ森章太郎にも見出せない特異な造形センスなのだ。
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 17:23 | 東京遺産

ある日の「アニマル洋子」。

 2006年11月18日(土)午後1時前の「アニマル洋子」。
 この日、自転車で十条への旅を決め、その道すがら寄ったのだが、この時間にはまだお店は開いていなかった。
d0002395_165382.jpgd0002395_16532870.jpg







d0002395_16542087.jpg
 そして、十条への旅を終えた帰り道に、もう一度寄ってみた。
 午後5時15分前で、もう夜の暗さだ。それに、2時ごろを過ぎると気温もぐっと下がってくる。
 ずい分日が短くなったものだ。



d0002395_1725044.jpg この日、店頭の100円ワゴンで買ったのは、『SIGHT(サイト)』 2005/03/05発売号 (23号)
●永久保存版  「特集/究極のマンガ特集 200冊」
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 16:52 | その他

変顔コレクション

 捨てるには惜しい画像なのでアップしておくよ。
d0002395_1646264.jpgd0002395_16464348.jpg











d0002395_16482347.jpgd0002395_16483883.jpg
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 16:41 | その他

東京みかんのナビしてきました。

 お待んたせいたしました、東京みかん2006 秋!
 今回散策は題して「駒場のヤギはどうかな。」

 ■開催月日:2006年11月12日(日曜日)
 ■集合場所:井の頭線「池ノ上」駅改札出たところ
 ■集合時間:13:00(15分待ちます)※松蔭学園中・高方面へ北上します。

 ■漫ろ歩き内容:
 ●十二月文庫(北沢一丁目の古本屋さん)
 ●東大先端科学技術研究センター(新・旧の建築物の対比とヤギはいるかな)
 ●日本近代文学館+駒場公園
 ●ケルネル田んぼ ほか
 
 ●終点/渋谷
----------------------------
d0002395_15411799.jpg
 集合場所の井の頭線「池ノ上」駅。地味な駅だね。





 d0002395_15423198.jpg
 みんなが来るまで、線路脇の古本屋(文紀堂)で何かいい本はないかな、と物色してたら、秋田書店サンデーコミックス「ふしぎなメルモ」(手塚治虫/2000年8月初版)を発見。200円。<変身少女コミック>というカテゴリーだ。珍しいな。
 で、買っちゃいました。
 


d0002395_1552407.jpg
きょうの参加者は、ボクを含めて全員で4人。集まり具合も今回は地味だね。夏が多めだっただけに、ちょっと残念だ。やっぱり、参加者はたくさんいた方が楽しいな。あんまり多くちゃ、それもちょっとな、って思うんだけどさ。
 でもまあ、元気に出発だ。
 十二月文庫(北沢一丁目目にある古本屋)に行く手前に「探偵事務所」という名前のバーを発見。中をのぞくと真っ暗で、カウンターにバーテンさんと思われる男性が突っ伏して寝ているのが見えた。
 味わいのお店だ。
d0002395_160624.jpgd0002395_1602299.jpg
 東大先端科学技術研究センターにヤギはいた。一匹だけだったけど。去年に夏ごろは、5~6匹はいたんだけどね。隊員のF井くんが撮影中。
 しかし、一匹だけだと夜はさびしいね。気になるね。
d0002395_1644798.jpg
 構内の時計台だ。






d0002395_1653435.jpg
 駒場公園へ移動する。園内にある、旧前田侯爵邸。昭和4年(1929年)完成だ。〝東洋一〟を目指した当時の日本人のゴツゴツした気概ってヤツが伝わってくるぜ。
 縮小された「駒場バラ園」のバラの一部が鉢物となって玄関に移されたんだ。


d0002395_1614581.jpg
 ケルネル田んぼだよ。






d0002395_1617910.jpg
 こちらは、東大駒場キャンパスの時計台だ。






d0002395_16183388.jpg
 向こうに見えるのが正面玄関。その先は、すぐに井の頭線の「駒場東大駅」だ。





d0002395_16203633.jpgd0002395_16204828.jpg oh,my god!! 東大駒場寮跡地には、こんなハイテクな建物が建っていたよ!! 「ITALIAN TOMATO」が入っていたぜ。



 この後、裏門を抜け、松涛鍋島公園を経由して円山町ラブホ街を抜けて渋谷へ。
 4人で安~い居酒屋で地味~に仕上げて解散したのさ。
 
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 15:40 | 自分遺産

むさしの国際交流まつりに行ってきました。

 11月11日(土)、むさしの国際交流まつりに行ってきました。

d0002395_14571595.jpg 
 朝から雨模様。ノリが悪いよな。
 午前中、いえでウダウダしてたので、スタートしたのが午後3時すぎ。
 会場のJR武蔵境へ着いて会場へ向かって歩き出したら、出口を間違えていたことに気がついた。正しい方向に引き返して会場に着いたら、もう4時半近くになっていた。
 あたりは、何となく終了モード。
d0002395_1564038.jpg



 とりあえず、エレベーターに乗って会場ビルのイベントフロアに行ってみることにした。


d0002395_1581347.jpgd0002395_1582910.jpg やっぱり終了間際。ほとんどのブースは撤収を終えていた。もう、2つくらいのブースしか催しをしていなかった。
 その中で、「みんなのコーナー」というところで、ルーマニアの留学生が講師になって、ルーマニア語を教えていたよ。
 ルーマニア・・・どこにあるんだ・・・・。
 首都はどこかという質問をしている。ヒントは「ブ」。
 「ブタペスト」と誰かが答えた。
 それはハンガりーの首都ですね、と講師。
 正解は「ブカレスト」。知らねェよ、そんなの。
 それにしても、ルーマニア人が何ゆえにこの日本に?
 ちょっと遠過ぎるんじゃねェか? 飛行機でどんだけかかるんですか。

 でもまあ、いろいろ参考にはなったよ。外国の人と交流するには、やっぱり言葉の障壁だけは何とかしなくちゃいけないね、とか。
 その障壁を取り除くには、何が自分にとっていちばん扱いやすいツールなのかってこともね。

d0002395_1527312.jpg

 おととしの夏までボクは、JR武蔵境北口のこの横断歩道の端に無添加パンの移動販売車を止めて、パンを打っていたのさ。
 あと、亜細亜大学とかもね。
[PR]
by mimiokun3 | 2006-11-19 14:57 | その他