いま息子が2階から降りてきた。

d0002395_0102192.jpg いま息子が2階から降りてきた。
 野球のユニフォームに着替えて、バイクで草野球に行くところだ。
 彼は家にある2台のパソコンに触れようともしない。めんどくさいらしいのだが。
 いまやパソコンを事務所で使えないと、社会に出て仕事ができない時代になっている事は前から伝えていた。来年は部活でパソコンに向かうというので安心した。
 仕事で苦労したキミの父親(ボク)が、自分のやってきた失敗や苦労をこのログに残しておくので、失敗しないで上手に生きていくためにこのブログを読むように伝えておいた。わりあいに素直に育ってくれた子なので、いちおう「わかった」といって、いま出掛けては行ったのだが・・・。
今月の30日でボクが47歳。息子が19歳。結婚生活は20年目を迎えた。
 自分の父親とまったく同じ年齢パターンで、ボクも自分の人生を生きている。
 (ちなみに、ボクは息子になぜ奥さん(つまり彼の母親)と結婚したか、その理由も前にちゃんと伝えておいた)
  K同印刷での10年前に、仕事が出来ずに苦しんでいた最中絶えず思っていたのは、「こんな苦しい状況の中で親父だったらどんなやり方でこの場を凌いでいただろう・・・!!」という思いだった。
 苦しみから脱出するための知識としての人生ノウハウ本のコトバではなく、生きて仕事をしてきた、いわば社会人の先輩である父親の肉親としての〝生きるための知恵〟を教えてほしいと痛切に思っていたのだった。
 1977年に(この年パンク元年!!)19歳で大学生活を始めるために島根県松江市から上京して一人暮らしを始めた。以来、長いこと父親とは離れて暮らしていたるので、そんな知恵を身近に教えてもらえる機会はなかった、というのは体のいいいい訳で、同居していても多分ボクはそんなことは聞かなかっただろうな・・・。(この父親にはボクはずっとアンビバレンツな想いを抱いて今日まで親子関係を続けている。彼はそのことに気づいているだろうか。なにしろ二言目には〝ガンバレや〟というこの父親のこの一言はいまでもボクの一番のアンチスローガンなのだ)
 ガンバってはいけないのである。ガンバルというコトバの中に潜んでいるマイナスイメージの危険に気づいている人がこの国にはあまりに少な過ぎるのだ。
 うつ病の患者に一番いってはいけないコトバが「ガンバレ」なのである。
 ところで、リクルートの出しているフリーペーパー『R25』の2004年8月発行のNo.8のインタビューは吉川晃司氏で、そのインタビュー記事の最後はこう締めくくられていた。
 (彼は渡辺プロダクションを経て、今や自分のマネージメント会社の社長なのだ!)
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 奮闘する吉川に客席から「頑張れぇ」という声援が何回も飛んだ。
すると吉川はこう言い返したのだった。
「頑張れ、言うな」
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
やるな!広島県人!!

 というわけで、今後『チャラリ~マンの父から息子へのしょっぱい人生ログ』のタイトルでは、数年後社会人になる息子のために、人生ログを残すことにします。
 ブログ、スゲェ~。
 ボクは石原裕次郎の〝夜霧よ今夜もありがとう〟という歌をいつも、ナゼか〝メディアよ今夜もありがとう〟と読み替えて解釈してきた。
 いままさにその時代がきた感じがする。自メディアとしてのブログ。自らのメディアを持てていることの自負と歓び。
 経済では、人間の尊厳の復権は出来ないと前に述べたが、ブログの照らすメディア力で、ボクは〝民族を意識するアティテュード〟のことを、今後少しずつ別タイトルのログでお伝えする予定でもある。
 ログタイトルは『感じる古代出雲』にしようかな。
 上京して以来、空洞化していた自分の人生、裏でうっすらと走っていた自殺願望のプログラムの正体のひとつに、失われた自分の出自、民族としての出自というものがあり、そのプログラム
を打ち消す契機となった、石飛 仁さんの本『蘇れ古代出雲よ』と氏と一緒に活動を開始した『古代出雲を感じる会』のことについても、すこしずつログを積み重ねていく予定である。
 テーマは、〝東京発、古代出雲経由、韓半島乗換えの東アジア〟といったところだろうか。
 
[PR]
# by mimiokun3 | 2005-03-21 13:33

ジョブ・ホッパー(転職人)ミミオくんはその時(1)

 10年前のきょう(3/20)、地下鉄サリン事件が起きた。
 その頃ボクは2度目の転職先の、小石川にあるK同印刷という印刷所の商業印刷事業部で営業をしていた。入社して5年目。数年前にバブルがはじけ売り上げが落ち、既存得意先だけでは予算が達成できず、新規を取らないとどうにもならなくなっていた。Sポロビールが根幹得意先の課に配属され、ボクは主にその得意先のワイン部の仕事をしていた。
 低価格ワインの走りの「う●しいワイン」は、4社競合で新製品のネーミング提案も含めたプレゼンに参加して、プレゼンを通ってボクが関わったSポロビールの製品である。
 ノルマという嫌なコトバを無理やり目標と置き換え自分を納得させて仕事を続けていた時代である。それは、本に書いてあるような対蹠療法だったので、結局は自分を自分で誤魔化しているだけで、根本的にボクは自分を信用することが出来ないで生きていた。
 知識を使って問題を解決しようとしていただけで、生きるための知恵の蓄えがまったくなかった。それでは上手に生きていけないのである。
 その頃ボクは上手に生きていけたらどんなにいいか、上手に仕事をこなしていけたらどんなに幸せか、と思って生きていたような気がする。
 (思い出してきたぞ。)
 自分を自分で信用できるから自信というのだろうか。先日そのことを、いま一緒に古代出雲に関することで活動をしているルポライターの石飛 仁さんに話したら、「(そんな状態じゃあ敵と)闘えないじゃん!」と言下にいわれたものである。長い間、敵はボク自身の弱さだったのである。
 その状態は、実は去年の9月ごろまで延々と続いている状態なのだった。暗い通奏低音である。そういえば、10年前はずっと死にたい死にたいと思って生きていた。
 (また思い出した。)
 うっすらとした自殺願望が通奏低音のように、裏のプログラムで走っていた時代である。
 なぜ、死ななかったのだろう・・・。
 家族のことを考えると、やっぱりそれは出来ないことだったな。
 そういえば・・・そのうっすらとした自殺願望は中学の頃からずっと自分の裏のプログラムで走っていた気がする。
 (だんだん思い出してきたぞ。ブログは気づきの装置だっていうのは本当だ。)
 舌を噛み切ったら死ねるかな、でも痛いかな、なんて考えながら上下の歯でゆっくりと舌を噛んでみることをたまにしていたもの・・・。
 それにしても、気がつけばこの国はいつの間にか、毎年3万人以上の人間が自殺する国になっていた。20年位前でもコンスタントに2万人は自殺者を出していた国である。
 正しくこれを内戦状態というのではないのか。
 そのことに気づき、肝に銘じてこの国で生きる覚悟を決めている人間がどれだけいるというのだろうか。1945年の敗戦で、この国では「民族を意識して生きるというアティテュード」をシステム的に封殺され、経済活動だけが許される国に造りかえられてしまったので、60年かけてゆっくりじっくり壊れていったのでる。
 近代主義、資本主義の行きつく先は、所詮こんなもんである。
 多分、敗戦後、この国では途切れることなく毎年2万人から3万人が自殺していて、通算で500万人以上の人間が、気づかれることのな少ないこの〝静かな内戦〟で戦死しているのである。
 誰が悪いのか?
 キミとボクだろ。
 結局は。
 アティテュードはハッキリさせておこうよ。
 ボクは右翼でもなんでもないけど、民族を意識して生きるアティテュードというものを身に着ける教育をちゃんと受けていれば、自分にも人にも優しい強い人間になれたような気がする。
 みんながそうだろ。
 キミとボクがそうだろ。
 敗戦後、経済だけで生きてきた国の人間だから、結局経済の問題で苦労するハメになる。
 程度の低いカルマにつかれているんだよな~。 
 経済には、人間の誇りというか尊厳を復権させる力はないんだよ。
 キミは自分に自信があるから、外国人にも優しくなれる、民族を意識して生きるアティテュードというものを持ち合わせているかな?
 ボクにはないな。だからずっと自殺願望が消えなかったともいえる。
 自殺のことを書き始めたら止まらなくなったけど、もうひとつだけ書き留めておきたいことがある。
 まちで「あしなが基金」という自死遺児共同募金の子たちが募金箱を持って立っていたらボクは見捨てておけない。かならず500円を投ぜずにはいられない。
(かれらには自殺した肉親の死に様を「自殺」とは呼べない強い禁忌の意識がある。自死というコトバに封殺された万感の思いを感じないわけにはいかないのだ)
 ボクに善意があることを誇ろうというのではない。
 そこに立っている子たちのうちの一人がボクの息子でないとは決していい切れない国の、いいきれない時代にボクらは生きているから。ボクにはもっと切羽詰った事情があるのだ。

 話を元に戻す。
 結局、印刷業は自分には合わず、というよりは営業という仕事がそもそも自分には向いていないのだが、そうかといっててに職があるかというと何もないので、ツブシは利かない。 
 何もかもが悪い方へ悪い方へ回転していた10年前だ。
 悪循環とはこういうことかと身をもって味わっていた。どうあがいてもこのカルマが落とせないのだった。
 仕事はやってもやっても追いつかず、毎週日曜日に出社して仕事をこなしていた。日曜出勤者はボクの他にもレギュラーが数名いた。仕事の段取りが悪い社員たち、というよりは、一人当たりの仕事量が多すぎるのである。とくに印刷業の仕事量は、得意先によって大きく左右される。代理店担当だったらボクなんかとっくに死んでいただろうな。過労死か、仕事から逃げ切れずに追い詰められての自死。
 いや、やっぱりボクは仕事の仕方が下手だったな。能力が劣っていたと思う。
 印刷業に転職する前、世間で過労死が社会問題になっいたが、どんな仕事をすれば過労死になんかなるのだろうかと、自分では想像できない世界の出来事だった。
 まさか自分がそのことを身をもって味わう立場になろうとは。そうなると、逃げても逃げても問題からは逃げられない仕掛けになっていたのである。それが世の中の仕組みであるとは思えない。もっと違った外からの大きな悪い力が働いていたように思う。悪いカルマにつかれていたとしか思えない。
 転職したてに、その印刷会社の違う課で、ボクと同じ年代の先輩社員が過労死で亡くなったのには少なからずショックを覚えた。大手寿司チェーン担当の人だった。
 そんなわけで、平日も泊りの仕事が続いた。夜11時になっても仕事が終わらない。寝なければあした体が持たない。きょう着たままのズボンとワイシャツとネクタイで、会社の仮眠室のベッドにもぐりこむ。
 翌日、汗と脂で体が臭いのが自分でわかる。とくに頭の脂が髪中に回って、臭くなっているのがすごく嫌だ。
 朝、ほかの社員たちが出社して来る。彼らはちゃんとゆうべ家に帰って晩ご飯を食べ、風呂に入ってきたしあわせな人たちだ。
 きのうのズボンで、きのうのワイシャツとネクタイで、臭い体で得意先に商談に行く。上司のH本もボクを追い詰める。(「前の職場でちゃんとした仕事のやり方を教わってこなかったんだな」
と最初にいったのがこの男だった。ボクは1981年に社会人を始めて今年で24年になるけど、四半世紀の間に同じセリフをあと2人の人間からいわれることになる。もしかしてオレって欠陥人間!?)
                                 (長くなりすぎちゃったのでこの項つづく)
[PR]
# by mimiokun3 | 2005-03-20 19:34

知ってる店がだんだんなくなっていくね。

 永福町駅前のラーメン大勝軒の隣の肉屋さん〝肉の栄福〟がお店をやめちゃったみたいだ。
この駅を利用する時は必ずといっていいほどここに寄って、2個80円の煮卵を買うのが楽しみだったんだけどな~。
 きょうは家から自転車で下高井戸に行って、そこから世田谷線に乗って久しぶりに三軒茶屋に用事で出掛けた。世田谷線片道130円。こんなに安かったっけ!?キャロットタワーで見たい写真展があったんだけど、案外地味なつくりで少々期待はずれ。新聞に出てた記事はもうちょっと楽しそうだったのにね。
 そのあと口直しに茶沢通りにある古本屋で、コアな懐かしの漫画本でも冷やかして帰ろうかなと思ってその古本屋を探したが、なくなっていた。
 いまは客商売は本当にたいへんな時代になってきているらしいけど、古本屋もキツイ商売なのだろうか。阿佐ヶ谷のすずらん通りの青梅街道の近くにあった古本屋さんは2年前くらいに店をたたんでしまい、いまはファンシーショップになっている。おなじく阿佐ヶ谷のパールセンターの中にあった古本屋さんもいつの間にかなくなっていた。
 そういえば、この間恵比寿に用事がって出掛けた時、20数年前に働いていた職場近くの商店街を歩いてみたら、その頃、仕事の途中によくコロッケやメンチカツを買い食いした肉屋さんや、立ち読みをした本屋さんがなくなっていた。その近くにあったこ汚い恵比寿名物の焼鳥やはビルの中に入っていたが・・・。もしかしたら自社ビルなのか?

 それにしてもこのブログ、テキストだけで味気ない。写真を使いたいのだが、悲しいかな情報弱者のこのボクは、画像の扱いにまるでスキルがないのだ。
 はやくどうにかしたいと思っている。イライラがかなりつのっているのである。
[PR]
# by mimiokun3 | 2005-03-19 22:30

今日は短いが大事なひとことを書くぜ!

 このブログを書くために使っている、妹から譲り受けたノートパソコンがあんまり調子がよくないので、(VAIOダメだな。ウンコだな)きょうは大事なひとことを短めに書きます。
 今はもう、大学2年生になろうとする息子が、まだ5歳くらい(?)だった頃、彼がこういったそうだ。これは奥さんから聞いた話だ。
 「みんなで(ごはんを)食べるといい気持ちがする」 
 ボクはいまだにこの言葉が好きだ。この言葉を思い出すと、ボクもいい気持ちがする。成功することなく、ここまで来たボクは、これからも多分成功することはないだろう。でも、彼と親子になれたことは成功だったと思う。
 その頃、ボクらは小石川に住んでいた。近所にある後楽園球場が東京ドームに変わり、ドームの白い屋根がだんだん張られていった頃だ。
 晩ご飯を食べていると、球場の方から、そこをコンサート会場に使ったライオネル・リッチーの歌う〝セイ・ユー・セイ・ミー〟が近くの高台に反響して聴こえたことがある。
 マドンナも球場最後の頃にコンサートをやったが、この時はスピーカーの位置が違ったのだろう、マドンナの歌は聴こえて来なかったのだ。
 もうひとつ、忘れないうちにアーカイヴ。
 小学校4年生くらいの時に彼が手帳に書きつけたメモ。
 「ちょっと走ってきます」
 いいセンスしてるな~。この手帳はボクの宝物だ。



 ぼくはせいこうはしましたが、まだせいこうはしていません。
 (谷村新二の〝天才・秀才・バカシリーズ〟より)
[PR]
# by mimiokun3 | 2005-03-17 21:04

命と引き換えにCDを売りに行った話から、ずいぶん脱線してしまうけど・・・②

 d0002395_12202384.jpgd0002395_12204667.jpg石井いさみの〝ケンカの聖書(バイブル)〟のことはもう少し語っておきたい。今も手元にある少年サンデーは1971年の中学2年の夏休み、退屈で死にそうになったので買ってきたものだ。そこに、その作品は載っている。原作は梶原一騎。暴力の中にあるリリカルな、悲しくも凛としたものを感じさせ、梶原の持つ上質な文学性が稀に表出した作品だ。主人公の若いプロレスラーの孤独でニヒリスティックなキャラが立っている。
 石井いさみは〝750ライダー〟で知られているかもしれないが、もともと〝のら犬の丘〟〝くたばれ涙くん〟など、やはり孤独で陰のあるニヒリスティックなキャラを多く描いていたのだ。

 そういえば、命と引き換えに売ったCDの話をしていたっけ。命と引き換えたのは、当座に必要な、生活のためのお金のことである。何より大切なのは経済だ。
 では、何を売ったか。
  モット・ザ・フープル、ザ・バンド、C・C・R、SEX PISTOLS、マウンテン、ジェファーソン・エアプレーン、フィル・マンザネラ、ブラック・サバス、レッド・ツェッペリン、ザ・クラッシュ、ザ・ジャム、スタイル・カウンシル、レイナード・スキナード、P・I・L、二ール・ヤング、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、ドゥービー・ブラザース、XTC、ポール・サイモン、アンドリュー・ゴールド、ジミ・ヘンドリックス、頭脳警察、ムーン・ライダース、ザ・ルースターズ、四人囃子、ベック・ボガート&アピス、ボブ・ディラン、ナンバー・ガール、真心ブラザース、ザ・ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイ、コーザ・ノストラ、倉木麻衣、トーキング・ヘッズ、ジョージ・ハリソン、ドアーズ、キンクス、ブルース・スプリングスティーン、ロビン・トロワー、リック・デリンジャー、村八分、スリッツなどなど・・・。 
 そういえば今から20年前、結婚したての1985年頃もお金に困っていたっけなあ。200枚ほどあったレコードを自転車に乗せて、所帯を持ったばかりの小石川から神田まで売りに行って、ボクはそのお金でお酒を買った。
 その中には、コントーションズなど光った出物もあったのだ。恵比寿で買ったパティ・スミスのアルゼンチン製のブートレッグも入っていたかな。買った時は18,000円くらいしたっけな。その頃世の中は、ちょうどレコードからCDに急激に切り替わる頃で、ボクの持っていたターンテーブルの針はマイナーメーカーのものだったので、このままではいつかレコードも聴けなくなると思って売っておこづかいをじぶんで作ることにしたのだった。

 しかし、CDを失ってしまったダメージは、まるでない。音楽がなくても生きていけるように、体質が変化したこともあるが、好きな音はいつでもアタマの中で再生できてしまうので、いまはもうそれほど困らない。
 むしろまいったのは、この間急に、そして猛烈にストーンズの〝we love you〟が聴きたくなって、久しぶりにCDショップへ行った時のこと。ストーンズなら自家薬籠中のもの、目をつむっててもその曲の入ったアルバムは探せるものと思って行ったら、それがなかなか見つからなかったんだよ。やっと見つけたら、見たこともないCDシングルコレクションの外版だった。
 でも、もっとショックなのは、むかし坂本龍一がその〝we love you〟をカバーしていたアルバムがあったはずで、それが何というタイトルのアルバムだったかすっかり思い出せないでいて、いまそれは聴きたくてCDで探しても決して手に入らないだろうという、悔しさである。
 坂本龍一のそのアルバムは、1981年頃の仙川の貸しレコード屋で見たのか、それとも1983年頃の文京区白山坂途中の貸しレコード屋で見かけたのか・・・・。その貸しレコード屋は両方とも〝YOU&愛〟といい、のちにエイベックスに大バケした。    (この項おわり) 
[PR]
# by mimiokun3 | 2005-03-16 23:08

命と引き換えにCDを売りに行った話から、ずいぶん脱線してしまうけど・・・①

 好きな曲ならアタマのなかでいつでも再生できる能力はあるので、昨年必要に迫られて手持ちのCD(洋楽)は全部地元の古本屋に持って行ってお金に換えてしまった。
「いいのがそろってますねエ!!」とは、買取の店番のおじさん(多分じぶんと同世代)のコメントである。
 それはそうでしょう、命と引き換えのマイ・ロック・エッセンシャルズ〟だっつーの!!フィル・マンザネラの〝ダイヤモンド・ヘッド〟なんか見たことねーだろ、コノヤローってカンジで。ベネズエラ人のギタリスト。なんてカッコいいポジショニング。ジャケも素晴しいです。フィル・マンザネラが誰なのかは、ネットで検索してみてください。
 それにしても、検索の威力はたいしたものです。
 ジョン・シポリナと打ったら、彼のプロフィールが即座に判明します。彼のいたバンド、〝クイックシルバー・メッセンジャー・サービス〟のことも。〝ジェファーソン・エアプレーン〟を調べたら、全ジャケが出てきて狂喜したものです。
 メラニーファンの女性のサイトも素敵でしたね。
 ずっと読みたいと思っていた石川啄木の〝雲は天才である〟という小説を、まさかと思って
検索で引っ張ってみたら、全文プリント・アウト出来た時はびっくりしたな~。もう、版権フリー
なんだね。
d0002395_12583717.jpg 作者の桑田次郎が自殺用にふだんから用意していた拳銃の不法所持で逮捕され、アシスタントの手で描かれた、単行本未収録の少年マガジン連載当時の最終回も、いまやネットでダウンロードできるのである。
参考ページ
http://dribox.g-serve.net/manga/sakuhin/8mn/8end/8end/01.htm

d0002395_1259493.jpg それよりも凄いのは、30年来探していたマンガに、またしてもネットで出合えたことである。これは凄いよ。宮谷一彦の〝キャメル〟!!1975年少年チャンピオン連載の超カルトなマンガだ。がきデカ、ブラック・ジャック、ドカベン連載のチャンピオンのラインナップに、宮谷一彦がエントリーするというのがほとんど奇跡に近い編集で、少年誌にこの作家の起用は、もう完全に危険球なんだよな~。危な過ぎて、やっぱりというかとうとうというか、ついに連載が途中で打ち切られちまったンだよな。絶対に単行本にはならないマンガ。それが、作者の宮谷一彦公認で全8話完全再録されたサイトを先日、偶然に発見したのだった。
参考ページ
http://2.csx.jp/~gaiden/cam0.htm

 なんだか、話が脱線気味でどこに行こうとしているのかわからないかもしれないけど、もう少し
このまま脱線するからゴメンね。
 スーザン・ジョージ(女優だヨ!!)のことがものスゴ~く気になったので調べてみたら、ちゃんと検索で出てきましたよ。中学生の時から好きだったとです。
 ここまでネットで出てくるなら、いつかはきちんと出会いたいと思っているマンガの画像のことをついでに希望的に書いておこう。まだ、満足いくカタチでネットで出会えた事がないので・・・。
1.〝虹を呼ぶ拳〟(つのだじろう)
2.〝ワンサイド特急〟(さいとうたかを)・・・このキャラについては、いつかかならずここで公開し    ます。
3.〝少年プラズマ戦隊〟(松本あきら)・・・冒険王連載の別冊付録のカラー表紙。
4.〝ケンカの聖書(バイブル)〟(石井いさみ/梶原一騎)
5.〝バラの坂道〟(ジョージ秋山)・・・再販絶望的。汐文社から出てたよな~。
                                                 (この項つづく)

[PR]
# by mimiokun3 | 2005-03-15 22:45

何かまだ調子がでないンだよな~。

う~ン、ブログ。確かにシュバらしい自メディアツールには違いないが、まだまだ使い勝手に慣れなくて身体化してないんだよな~。
あれも書きたい、これも書きたいと昼間頭の中で練った想も、ログインして投稿欄を開いたとたん、何にも浮かばない。
ほんとに好きな人とのsexがうまくいかないのと、どこか似てるよな・・・・。
[PR]
# by mimiokun3 | 2005-03-15 21:13

友人の力を借りてページレイアウトを変更

悲しきデジタル難民。足立区の友人宅で、友人の力を借りて何とかページレイアウトを変更
しました。

[PR]
# by mimiokun3 | 2005-03-13 17:55

本日ブログデビュー!!

ミミオくん、気がつけばもうすぐ50歳。ここまで来れただけでも奇跡に近いかも。
たぶんあしたからも生きていくはずなので、そろそろ自分遺産をテキストで残します。
[PR]
# by mimiokun3 | 2005-03-13 15:44